News新着情報

※新型コロナウイルス感染症にかかる本会の対応等について※ 

コロナウィルス関連

新型コロナウイルス感染症にかかる本会の対応等について

 

日々頑張る看護職の皆さんへ

沖縄県看護協会会長 仲座明美

 現場でご活躍の看護職の皆様、日々お疲れ様です。


 コロナ感染症が世界的に増大する中で、我が国においても政府は次々とコロナ対応の政策をうちだしていますが、
感染は拡大の一途です。4月20日沖縄県でもついに「緊急事態宣言」が出されました。
昨日(21日)は、県内で初めてクラスターの発生が確認され、いつ爆発的な感染がおこるか先の見えない不安が大きくなります。
 
 本会では、4月20日にコロナに関する県内の現状調査を行いました。まだ集計中ですが、困っていることとして
「不安や恐怖を抱えて勤務している」「マスク等防護具の不足」「医療が崩壊しないか心配」「風評被害がある」いう回答が目立ちます。
 最前線にいる看護職が多くの風評被害を受けながら、不安や恐怖の中で防護具なしで業務に従事しなければならない状況を
1日も早く改善できるように取り組んでいきます。
 
 4月20日付で、沖縄県保健医療部 保健医療部長宛て、「新型コロナウイルス感染症対応している看護職に対する危険手当の支給」
「妊娠中の看護職員の休業に伴う代替職員の確保」の2件について要請しました。日本看護協会と連携し、
国の動きを見ながらタイミングを計っての要請です。
 
 未知のウイルスによる感染症は次の3つの感染症を引き起こすと福井会長は文献を引用して言っています。
①「疾病を引き起こす」生物学的感染症 
②「不安や恐れ」を生じさせる心理学的感染症 
③不安や恐怖が生みだす「嫌悪・差別・偏見」が行動となって現れる社会学的感染症
誰もがその影響を受けるが、最も影響を受けるのは看護職であるとも。今の現状からも納得がいきます。
まさにその通りの状況にあります。しかし、皆さんにエールを送っている人もたくさんいます。
先だっては、県内の中学生から、コロナ対応の提案と看護職へのエールを手紙でもらいました。
看護職が疲れている時に元気のもらえるお手紙でした。

 ウイルスとの戦いだけでも大変ですが、私たちは看護の専門職者です。自信と誇りをもって日々頑張りましょう。



 

当協会の対応について


 

日本看護協会からのお知らせ

 

沖縄県からのお知らせ

 

厚生労働省からのお知らせ

 

相談窓口について
【沖縄県内】新型コロナウイルス感染症の相談窓口コールセンターについて

【全国】新型コロナウイルス感染症に関する看護職の相談窓口について


その他コロナウイルス感染症関連の情報 
◆医学中央雑誌刊行会
WHOや厚生労働省の各種ガイドラインや論文等が掲載されています。

<新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 関連文献>(特設ページ)
https://www.jamas.or.jp/special/covid19/


◆花王プロフェッショナル・サービス株式会社

新型コロナウイルス感染症医療従事者の皆様への花王製品詰め合わせプレゼントについて
https://form.kao.com/jp/pub/cp/iryou





 

当協会の対応について

新型コロナウィルス感染症拡大に伴う復職のお願い(2020.4.11)


 新型コロナウィルス感染症による感染の拡大に伴い、医療・介護施設等で看護職の就業が求められています。 
 新型コロナウィルス感染症患者の治療に多くの看護職が必要となっており、 
 それ以外の疾患をもつ患者の看護にあたる看護職も不足しています。 

 現在、病院や診療所、介護施設等の医療・介護現場はもとより、 
 保育所や学童保育、小中学校、新型コロナウィルス感染症に関する電話相談など、 
 さまざまな場で看護職が必要とされております。


 ナースセンターでは、看護職を必要としている施設とのマッチングを行い、 
 復職を支援しています。 

 現在、就業されていない看護職の方は、可能な限り、現場への復帰をお願いいたします。 
 復職に不安な方の支援も行っております。常勤だけでなく、短期間や時間単位等による 
 多様な勤務形態での就業も可能です。

 ご協力いただける場合は、ナースセンターにお電話にてご相談ください。


 <問い合わせ先> 
 沖縄県看護協会 ナースセンター 
 TEL:098-888-3128
 受付時間:月曜日から金曜日 9時~12時、13時~16時 
 (祝祭日、慰霊の日、年末年始を除く)

「訪問看護師を対象とした感染管理セミナー」動画を掲載しました
TOP